定期借地権の魅力


事業用定期借地権は、居住用としてではなく事業のために土地を賃貸借するタイプの定期借地権です存続期間は、10年以上50年未満での設定となり契約更新はありません。住宅を除く事業用物件であることが条件となり、契約が満了しても、借地人が地主に建物の買取請求をすることができません。交通量が多く特殊な土地の形をしているような場合でも、飲食店や工場、コンビニなどとして利用するのには問題ないため、存続期間を10年程度に設定して、土地を有効利用した後に、子や孫の家を建てさせたいなどとする地主が活用することが多いようです。

定期借地権の最大の特徴は、契約期間が満了すれば、地主に必ず土地が返還されるという点です。地主側としては、土地を手放すことなく地代として安定した収入を長期的に確保することができます。また、借地人は、土地を購入することなくマイホームを建てることができるので土地代を支払っても費用をかなり安く抑えることができます。土地所有の場合よりも半額ほど安くすることも可能で、50年という期間に納得できればとてもお得です。また、商売などの事業展開を目的として建物を建てる場合にも土地費用にかける費用を抑え大幅なコストカットができることも大きな魅力と言えるでしょう。

【関連サイト】借地権とは-「借地権 無料相談ドットコム」がご説明いたします