普通借地権の特徴


新法によって新たに規定された普通借地権と定期借地権の大きな違いは、普通借地権が更新される借地権であるのに対して、定期借地権は期間が満了すると更新されない借地権であるというところにあります。普通借地権は、契約期間が満了した後に、土地を借りている借地人が希望すれば契約が更新されるもので、旧法、新法いずれかが適用されます。普通借地権の存続期間は、当初30年で、更新1回目以降の存続期間が20年、2回目の更新時の存続期間が10年となっています

契約が満了したときに、地主側に自分土地に建物を建てる必要があるなど、更新を拒否するに値する正当な事由がなければ、借地人の希望が通り、契約が自動更新されるというものです。また、両者の話し合いに折り合いがつかず、借地人が立ち退きをしなければならない場合には、借地人が建てた建物を地主に買い取ってもらえるよう請求することが可能です。さらに、土地の所有権が当初、契約を締結した地虫から第三者に譲渡された場合、借地人は、この第三者に対して借地権の対抗ができることと規定されています。戸建て住宅の場合は、貸借権を保有することが多いため、借地人が建物を売却、転貸しする場合には、あらかじめ地主から承諾を得る必要があります。