定期借地権の種類と特徴


定期借地権には、「一般定期借地権」「建物譲渡特約付借地権」「事業用定期借地権」の3つの種類があります。一般的借地権は、当初に借地権の存続期間を50年以上に設定し、期間満了とともに借地権が消滅するというものです。最近では、税金対策、資産運用などのために分譲マンションやアパートなどを建てる方が増えていますが、そのように長期的に使う予定がない土地を地主が有効利用したい場合によく使用される借地権です。契約更新がなく、建築する建物の用途にも限定がありません。契約満了後は、借地人は更地にして返還する義務が生じます。

建物譲渡特約付借地権は、借地権の存続期間を30年以上と定めており、期間満了とともに地主が借地人から建物を買い取ることによって借地権が消滅するものです。借地人が、アパートやマンション、店舗やオフィスなどを賃貸物件として活用し、期間満了とともに、地主が建物を買い取って賃貸経営を継続していく場合などに利用されることが多いものです。一般定期借地権と同様のメリットがありながら、契約期間を短く設定できるとともに、安価に賃貸経営ができる建物を買い取ることができるため、地主にとって魅力的な点が多いものといえるでしょう。